それでも田舎・雪国に暮らす理由。

子供達も私も、田舎の春が大好き。

雪国の冬は、長い。本当に長い。

だからこそ、春の訪れを感じると、

「やっっっとスニーカーが履けるぞ!(´;ω;`)」

嬉しくて仕方ないのだ。

今住んでいる田舎は、私の故郷だけど、

かえでを産んだばかりの頃は、

違う土地に住んでいた。

お店もたくさんあって、お買い物にも便利で

電車もあって、不自由なく暮らせる街だ。

違う土地で暮らして、

冬の短さに驚いたのを今でも覚えている。

だけど、

夏は蚊に悩まされるし、

空気も嫌いだったし、

水はまずいし、

そこで採って食べたふきのとうがすごく美味しくなくて

「あれ?ふきのとうってこんなにマズイものだっけ?」と

びっくりしたのを覚えている。

車も毎日ブンブン通り、

常に排気ガスの匂い。

雨上がりの匂いって、山で育った私には良い匂いでしかなかったのに、

ここはものすごい臭い!

子供を遊ばせるにはわざわざ公園まで行かなきゃならないし、

人生で初めて、花粉症にもなった。

「よし、山に帰ろう。」と言って、

家族を引き連れ、今のこの場所に

帰って来たのだ。

山に帰って来てからは、

夫も私も花粉症とは無縁になったし、

今までほとんど笑ったことがなかった長男のかえでが

毎日近所の子供たちと外を駆け回り、

次第に感情豊かになり、とっても元気な子に育った。

ほとんど口もきかず、感情も表に出さず、

乳幼児検診では保健師に全く喋ろうとしないので、

しつこいくらい保健師が家まで押しかけてきてた。

今では、よく笑い、よく喋る。

普通の男の子だ(笑)

自然の力は、人の心までも癒すのか。。

本当に帰ってきて良かったと思った。

ここの冬は厳しい上に、長いが、

水は豊かで甘く、

やっと訪れた春に芽を出した

長い間雪の下にあったふきのとうは、

本当に美味しい。

苦味はほとんど無く、甘い。

まだまだこれからいろんな山菜が芽を出し始める♪

先日、【鬼嫁とボクの日常。】チャンネルで

ふきのとう動画をアップしましたが、

我が家の春は、いつもこんな感じです。

春は最高。

今日もここまで読んでくれて

ありがとうございました!