大きな苺が採れる、いちご畑の作り方とコツ!

田舎暮らし

昨年の秋、

イチゴ栽培が大好きな近所のおじいちゃんに

イチゴが元気になる植え方を教わり、

我が家の庭にイチゴ畑を作ることができました♪

まず土づくりとして

・籾殻くんたん

・鶏糞

・油かす

を混ぜ込みます。

そして、

マルチを貼って、

イチゴの苗を植えていきます。

冬には1度枯れたようになってしまいますが、

春にはしっかり芽吹いて

梅雨までにはワサワサと大きく育っていきます!

「春に、液体肥料を撒いておくと、大きいイチゴがなるよ!」と

教わったので、有機液体肥料を購入し

水で薄めてジョウロで撒きました♪

すると、今年の我が家のイチゴは

本当に大きく、たくさんの実がなり

こんな立派にイチゴを自分で育てられたのは

初めてでした!

苺🍓は大好きなのですが、

市販のいちご🍓は農薬まみれなので 

購入する時いつも抵抗感がありました。

自宅で、無農薬の新鮮なイチゴが

お腹いっぱい食べられるって

本当に幸せですよね。

ですが、美味しいものを作るには

やっぱり手間は欠かせません。

来年も美味しい苺を食べるには、

秋にはまた植え替えが必要です!

このまま何もせず植えっぱなしでは

来年はイチゴが採れなくなります。

なので、

また来年に向けて、新しく秋に苺を植えるために

苗を作っておく必要があります。

苺の茎がぐんぐん伸びてきて(ランナーとも言います)

いろんなところに根付くので、

それをポットに誘導し根付かせてあげます。

ズレてしまわないよう、針金で固定してあげます。 

これを、苗とするわけです。

結構地道で大変な作業なんですが、

来年も美味しい苺を食べるためには

ある程度の苦労は必要です!

そしてポットに根付いたイチゴの苗を、

土づくりした畑に

また植えていくのです。

ってことで、

近所のおじいちゃんに教わったことを

皆さんにもシェアしてみました♪

興味のある人は、ぜひ試してみてくださいね〜

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP