人生の大切なものを教えてくれる、田舎暮らし。

「田舎には何もない。」

と言う人が、大半だろうが、

私には、

「全てがある。」

と感じている。

この土地で暮らしているだけで、日々幸せを感じる。

虫の声、鳥の声、風の音。

青々とした山に囲まれ、湧き水が流れる。

自然だけじゃない、歴史や日本の文化、

人の温もり、優しさ、愛もある。

日本人が忘れつつある、大切なものが、ここにはある。

今日は、9月半ばだけどまだまだ半袖で丁度いい

過ごしやすいお天気!

「今日の昼は、庭で肉でも焼こうか」

「いいね〜!」ってことで、

すぐさま火おこし。手慣れたもんです。

BBQって言うと、なんか特別な日みたいな感じするけど、

これ、日常です。

金もかかっちゃいない。

キッチンで料理するより、簡単だ。

火おこして、肉焼くだけなんだけど、

風は気持ちいいし、緑を眺めながら食べるご飯は、

格別に旨い。

隣では、「コケコッコ〜!」とニワトリも楽しそうに遊んでる。

庭があるって、本当に幸せだ。

たまに農作業する軽トラのおじちゃんが通るけど、みんな友達みたいなもん。(笑)

鶏小屋もあって、畑もあって。

本当に幸せだ。

「これ食べたら、草刈り行こう!」

今度の連休は、すぐ近くの山にキャンプに行きたいから

今日はパパと二人で、大きな畑の除草作業を片付けておくことを約束してた。

パパは、草刈り機。

ママは、耕運機。

二人でやれば、草刈りも楽しい作業だ♪

草は敵じゃないが、管理することも大切だ。

ちなみに我が家は、農家じゃない。

このくらいじゃ、ここでは普通の家庭菜園レベルだ。

草刈りしてたら、畑に育っている小松菜に珍しいお客さんがいた。

ミヤマクワガタだ。

結構大きい(笑)

こんなことも、日常だ。

こんな毎日が、最高に楽しい。

「自然と暮らす」は、

「自然と共存する」ってこと。

人間は、植物より偉いわけでもない。

動物より偉いわけでもない。

ここにいると、わかってくるんだ。

人間は、宇宙全ての一部に過ぎないということを。

字にすると軽い感じがするけど、

身体中の感覚で伝わるんだ。

山があるから、人が生きれる。

水があるから、人が生きれる。

土があるから、人が生きれる。

生きてるだけで、なんだか幸せを感じるから、

人と比べることもなければ、人を羨むこともない。

何かに依存することもない。

いつでも、自分らしくいられる。

それが、私にとっての、

田舎暮らしだ。

今日もここまで読んでくれて、ありがとうございました!