お金と時間、どっちを大切にする?考えさせられる映画その1

こんにちわ、わくわくママです^^

みなさんは、お金と時間どっちが大事ですか?

もらえるなら、お金?それとも、時間?

ちなみに私は、値段が高くても無理して新幹線を使っている派。笑

お金は、たくさん持っている人もいれば、持っていない人もいる。

しかし時間はお金とは違い、

どんなに富裕層でも、貧困層でも、

全ての人間が平等に与えられている。

だから、富裕層の人々は、「お金」ではなく、

「時間」が欲しくてたまらないのだ。 

今、「お金」という形がなくなりつつあるよね。

nanacoカードや、Suica、クレジットカード、スマホで決済できる時代。

仮想通貨も主流になってくるしね。

お札や硬貨は、お金をただ目に見える形にしているだけであって、

お札や硬貨自体に実は価値なんてない。

「お金」とは信用であり、エネルギーである。

お金も、時間も、目に見えないもの。

スポンサー



そこで、

もし、今この世界のお金の働きが、

「自分の寿命」に置き換わる時代がきたらどうしますか?

つまり、自分の寿命を稼ぐために、仕事をし、

稼いだ自分の寿命で、日々の生活費を払っていく。

今、お金を払っているもの全て、自分の寿命で払っていく世界だ。

寿命が足りなくて、寿命を借りる銀行もある。金利も存在する。

物価が上昇すれば、支払う負担が増えるので、常に死と向き合うハメになる。

こんな怖い近未来を映画にしたものが、

「TIME-タイム-」という映画。

映画というのは、常に私たちにメッセージを送っているので、

今回の映画は、私たちに何を伝えようとしているのか?を常に探しながら、

映画を見ることにしている。(特に近未来を舞台にした映画ね!)

何年も前の映画だけど、数日前に無性に見たくなり、

以前とは違う感性で、また楽しんで見ることができた!

都市伝説が大好きな人なら、わかると思うけど、

人間が追い求めているテーマ、人間の不老不死や、遺伝子操作は、

もはや実現できるとも言われている。

(不老不死だと、人間のトランスヒューマニズム化とかだね。

すでにこれはもう現実のものとなっている。)

スポンサー



時間を手にした富裕層の人々が、永遠に生き残る時代。

私のような一般人は、明日生きるために必要な寿命のために、

毎日毎日働きまくる・・・

そんなん絶対いやだわぁ。。

この映画をみれば、「時間」というものを

今よりもさらに大切に感じることができるだろう。

毎日時間をムダ遣いしている人は必見ですよw

明日は絶対にやってくるものじゃない。

明日死ぬなら、何する? くらいの気持ちで、

毎日を全力で生きたくなるはずだ。

ありがたいことに現在のこの世界はまだ、

お金持ちであっても、

貧乏だったとしても

時間だけは平等に与えられている。

どう使うかは、自分次第だ。

ということで、

映画「タイム」まだ観たことない人はぜひ観てみてください☆

この映画も面白いよ!というのがあれば、逆に教えてください^^

今日もここまで読んでくれて、ありがとうございました!