現実社会と、もう1つの社会に生きていく(仮想空間メタバースとNFT)

Youtube

「NFT」「メタバース」「web3」などなど、

最近よく目にするようになってきたワード。

と言っても、

常に新しいものを追いかけている人くらいしか

まだ知らないかも…?

これらの技術が進んでいくにつれて

ついに、インターネットの世界が、

ほとんど現実社会と変わらないことができるようになってきた。

いや、「現実社会以上のことができるようになる」

の方が正しいかもね。

インターネットの中で

現実社会と同じように仕事の取引ができるようになるし、

経済を回すことが可能になる。

労力を使わずとも

頭で思い描いたものを

すぐに目の前に現すことができたり

汚いものが存在せず、

容姿に惑わされることもなく、

魂同士で交流するような世界は

まさに、あの世の5次元世界だよね〜。

そんな第2の世界が、もう実際に存在する。

NFTや、メタバースを実際に自分も使いながら

時代に取り残されないよう日々勉強中ですが、

慣れないことをやるってホント頭痛い。。

ゲーム社会に生きている子供たちは、

メタバースなんてやらせてみると

「おもしろ〜い!」なんて言いながら

す〜ぐ使えるようになっちゃうから、

ほんと同じ人間かよ、と思う(笑)

(自分が、スマホを教えても使えないジジババと同じに思えてきて辛いw)

やっぱ次世代を生きる新しい人間なんだなーって感心する。

これは、あーたんが描いた作品を

仮想空間のギャラリーに展示したもの↓(表示されたEnterのボタンを押せば入れます)

https://cyber.xyz/azusa_crypto

そして、このあーたんのアートは

ここで購入することが可能↓

https://opensea.io/collection/peachgirl

通貨は、日本円ではなく、暗号資産イーサリアム

法定通貨のように面倒くさいことがなく、世界中の人と取引可能。

「デジタルアートなんて、いくらでも複製できるし価値なんてないじゃん!」と思う人は、

しっかりとNFTを理解しましょう。

イーサリアムのブロックチェーンを利用することで、

コピーが不可能で唯一性を持ち

所有者や真証性を証明書することができるようになった。

こんな感じで、

著名人のデジタルアートが

数十億円という大金で取引されたり

購入したNFTアートを、

SNSのアイコンに設定するってのが

現代人のステータスになっているようです。

悲しいけど、

これからの日本の未来はすごく暗いから、

世界に目を向けて行動していくことが

これからの時代、とても大切になっていくと思う。

国と共に沈んでいくことにならないように、

日々勉強です。

油断してたらすぐ世界に置いてかれる。

いつまでも努力する心を忘れずに

愛する家族を守るため、

日々頑張らないとです。

今日もここまで読んでくれて

ありがとうございました!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP