少しの選択で、人生は大きく変わる

わくわくママです^^

「人生は選択である」と、よく言うよね。

でも、それを日々意識し生きている人はどれくらいいるだろうか?

選択は、行動だけではない。考えることも、言葉にして伝えていることも、

全てを自分で選択して生きている。

少し前に、そのことを考えさせられる素晴らしい映画に出会った!

「ミスター・ノーバディ」という映画はご存知だろうか?

自分の人生は、大きな木の枝分けれのように、その今選んだ選択によって、

数えきれないほどの人生が存在するのだ。

思ってもいないようなことを大切な相手に伝えてしまっただけで、

人生がガラリと変わってしまうこともあるし、

勇気を出して、気になるあの人に声をかけただけで、ガラリと変わる人生を歩むことだってある。

前に、テレビをみていた時に、偉大な元総理大臣の息子さんが言っていた言葉も忘れられない。

「父にはいつも、簡単ではない道を選択して生きいくことだ、と教わってきました」とその人は言っていた。

日々の選択の重要性をしっかり我が子へ伝えていたことが、本当に素晴らしいと思った。やはり偉大な人はそこから違うのだ。

私も、「どちらを選ぶか」、「やるのかならないのか」、など

いつも生きていると日々選択に出会うが、

自分が楽になる選択はしないようにしている。

あえて、険しい道と思う方を選択し、その先に、新たな可能性に出会え、

自分の知らない人生をこれからもどんどん切り開いていきたいと思っている。

だからこそ、安定はないし、1年後、2年後、自分はどうしているかなんて、さっぱりわからない。

そんな人生の方が、絶対ワクワクするし、楽しい。

死ぬ時に、自分の人生は最高だったと思いたい。

そして、いろんな経験を我が子に伝えたい。

選択に、「こっちを選ばなきゃいけない」という選択は存在しない。

それは、あなたの価値観であり、あなたの頭の中の決めつけである。

どちらを選ぶかは、いつだって自由だ。

今朝は、夫が、小さな選択に悩んでいた。

どちらかを選ばなければいけない予定があった。

本当は、自分のやりたい選択があるのに、

これを選択したら周りに白い目で見られて、嫌われる

と言い、やりたい方とは違う選択を選ぶと私に話してきた。

何度も言うが、どちらを選択するかは、自由だ。

こちらを選択しなきゃいけないんだ、という決めつけは、ただの幻想である。

私の人生ではないから、決めるのは本人だけど、

一つだけ伝えることは、

「そのどちらかを選択したことで、自分の人生は大きく変わる、ということだけはしっかり頭に入れて、選択するといいよ。決めるのは、あなただし、どちらを選んでも、全部正しい。」

と私はアドバイスした。

人生の選択には、必ず意味がある。

今日もここまで読んでくれて、ありがとうございました!