【磐梯山】翁島登山口のコースはかなりキツイが、景色は最高!トイレや温泉は?

とても気持ちいい秋晴れの日!

10月中旬になり毎日肌寒くなってきたところだったけど、

その日は晴天で、半袖でも十分なくらいの気温。

今日は、家族でずっと約束していた磐梯登山をする日!

朝5時に起きて、家族みんなのおにぎりを握り、

私は早朝から登山の準備をしていた。

コンビニで、ちょっとしたおやつと

スポーツドリンクを買って、

リュックの中の荷物は、重いとくたびれちゃうから

できるだけ最小限にして出発!

磐梯山の登山口は全部で6箇所あって、

私たちは登りと下りで合計6時間かかる、⑥番の「翁島登山口」をチョイスした!

翁島登山口の駐車場に着くと、

(あれ・・・登山客は誰もいないようだ・・・)

駐車場には私たちの車の他に停まっていない。

(平日だからか?)と、特に気にもせず、

みんなで気合いを入れて、登り始めた!

ちなみに、他の登山口にはトイレがあるのだが、

翁島登山口にはトイレが無いので、しっかり済ませておこう。

登山中も、トイレはありません!

登山口の最初の道から、いきなりびっくりするほど急勾配で

「えぇ?!」と思ったが、

この急勾配が、山頂までずっと続いていくとは

この頃はまだ知る由もなく・・・

後々調べてみたところ、翁島登山口からのコースは、

急勾配の為、かなり体力のある人向けのコースとなっていて

ここから登る人はあまり多くないそうです。

(だから駐車場ガラッガラに空いてたのね!笑)

登っても登っても、ゆっくり歩けるような道など出てこないし、

岩をよじ登っていくような道が何時間も続きます。

後半は、さらに急勾配のガレ場がずっと続きます・・・

汗が頭から滝のように流れ出て、目に沁みる〜

途中、ベテランの男性の登山客が私たち家族に挨拶し、

ものすごい速さで登って追い越していく・・・

信じられない・・・

「もしや、このルートって、上級者向けだったの?(笑)」

と、家族みんなで苦笑い(^_^;)

ロープを掴みながら、大きな岩を登っていくような場面もあり、

小学校1年生のあーたんを、岩から滑って落ちないようパパがフォローしながら

なんとか登っていきました><

途中、かえでが酸欠になってしまったのか、

吐き気に襲われ具合が悪くなってしまい、

「下山しようか・・・?」と話し合ったけど、

「がんばる。絶対、磐梯山の頂上の石を持って帰るんだ〜(;_;)!」と言って、

小さい体で、休み休み頑張って登った。

磐梯山を直線的に登るこのコースは、ほんっっっっとーにキツかったのですが、

2時間ほど登った先からは、景色を楽しみながら登ることができ、

その美しい景色に元気をもらいながら、

登山を楽しむことができました。

マップに記載されていた所要時間と同じくらいに(上り3時間半)やっと山頂に到着!

私たちが登ったコースは全く他の登山客がいないのに、

山頂にはたくさんの登山客がいたので、びっくりしました。

辛かっただけに、山頂に着いた時はマジで嬉しかった!

もうね、達成感がハンパない。

子供たちも、山頂から見る景色に「すご〜〜〜〜い!」と大喜び。

山頂の三角点で、家族分の石を拾い、家族みんなの夢が叶うようにと、みんなでお祈りした。

磐梯山は、神の山だから、きっとこの想いも聞いてくれてるはず。

子供たち、会いたくて会いたくて、小さい体で一生懸命ここまで来ましたよ!と。

三角点に立つ・・・いつも遠くから見ている磐梯山の、三角のところの頂点に立ってるのか!と思うと

すごく嬉しい気持ちになった(笑)

この日は、10月11日だったけど、山頂はものすごく寒くて、

お昼ご飯を食べたらすぐに下山することに。

上りだけで足がガクガクになってしまったので、

下りは相当キツかった。

むしろ、下りの方が地獄だったかもしれない。

疲労で、足が突っ張ってしまい、棒のようになって全然踏ん張れず・・・

足全体の痛みがやばくて、1歩1歩が本当に辛かった(;_;)

無事に降りて、こうしてブログを書いておりますが、

やっと駐車場に到着した時は、もう2度と登るもんか!(泣)と思いましたw

でも、達成感に喜ぶ子供たちを見て、

登山を通して、

人生の大切なことを教えてあげられたかな?と思います。

辛くても、努力して、

一歩一歩、前へ進んで、

諦めずに何かを成し遂げることを。

登山後は汗でベタベタですし、足も痛いし、

日帰り温泉に入って

疲れを取って帰ることをお勧めします♪

近くには、「翁島温泉 玉の湯旅館」(登山口から車で13分)があり、

日帰り温泉もやってます。

ぜひ、参考にしてください。

今日もここまで読んでくれてありがとうございました!