かえであーたんを連れて、生まれ変わりの旅に行ってきました!【出羽三山】

子育て

先日、かえであーたんを連れて

「出羽三山参り」に行ってきました!

「出羽三山」とは何かというと、

山形に位置する「羽黒山」「月山」「湯殿山」の参拝です。

昔から修行の場として多くの修験者が集まっていた霊山!

どれも修験道となっているので、

山頂まで険しい道となっています。

特に、月山は真夏でも雪がたくさん残っているほど標高の高い山なので、登山して参拝できるのが7月〜9月14日までの期間だけなのです〜。

出羽三山を一気に参拝できるのは今の時期だけ!

とゆーことで、

今回私たちは2泊3日で、

3つの山をいっきに参拝してきました!

「2泊3日で、登山に行くよ!」と決まったのは、

前日の夜11時(笑)

行けるか行けないかは、もう天気次第だったので、

「降水確率0%のこの3日間を逃したら、多分今年はもう無理!明日、早起きして山形向かうよ!」

と、急遽決めました(笑)

思い立ったら、すぐ行動してしまう私。

フットワークは軽い方がいい。

そのほうが、人生はなんとなくうまく行く。

かえであーたんは、普段から外を駆け回っているだけじゃなく、

小さい頃から登山に連れて行っていたので、山が大好きです。

急遽決まった2泊3日の登山も、

「わ〜い!やった〜!」と大喜びしてくれました。

1日目の羽黒山は、2446段の階段を登り、

また降りてくるという

初日にしては結構過酷な参拝!

それでも、山が大好きなかえであーたんは

めちゃめちゃ楽しそうでしたw

2日目の月山は、リフトを使っても、登りで約3時間はかかり、

下山はリフトを使用せずに自力で下山したので、

往復で約5〜6時間程度かかりました!

(↑月山の山頂にて)

(↑山頂に構える月山神社)

(↑山頂でお昼ご飯)

(↑月山の雪解け水に癒される、かえであーたん)

月山登山は、出羽三山の中で最も過酷な道でしたが、

こちらもかえであーたんは終始楽しそう。

3日目の湯殿山では、30分程度の山道を登る程度でしたが

1日目・2日目と辛い修験道を歩いてきたせいか

ものすご〜〜〜く楽に感じました!

猛暑でしたが、それでも楽だった!笑

(↑バスを使うこともできるが、我が家は自力で歩きました)

まだまだ小さい体のかえであーたんですが、

一度も”辛い”とか”辞めたい”とか言うこともなく、

本当にたくましく、全ての山を登り切りました。

「山の景色って、なんでこんなに綺麗なんだろうね〜♪」とか、

「頑張って登った後の梅干しおにぎりって、なんでこんなに美味しいんだろう!」とか

「辛くても俺は絶対に諦めないぞ〜!」とか

そんなことを言いながら歩くかえであーたんを見てると

本当に嬉しい気持ちになります。

体で感じて、心で感じて

大切なことは何かを

ちゃんと自分達でわかっているからです。

私たちが教えるんじゃなくて、自然が教えてくれます。

現在では「神頼み」をする時、人は神社を訪れますが、

昔の人はよく山を登ったそうなんですね。

「こんな高い山の山頂に、なぜ神社なんて造ったのか・・・?」

今回出羽三山参りをしてみて、

本当に最初は不思議で仕方ありませんでしたが、

それは、

山に住む神の方が下界の神よりも力を持っている場合が多く、大きな願いも成就へと繋がりやすいという特徴があるそうです。

位の高い神ほど標高の高い場所に居を構える傾向があるためです。

そして厳しく険しい道を辿りやってきた「参拝者」には心を開き、その心意気を評価して下さり、その願いも受け入れてくださる事が多いのです。

我が家はもともと登山には全然興味がなかったのですが、

数年前に突然山に登りたくなったんですね。

山に呼ばれる、なんてこともあるそうです。

無我夢中で登るので、煩悩も無くなるし

心身は元気になるし、

エネルギーが充電されたような感覚になり

山ってすごいなって、癒す力があるんだなって

なんか分からないけど分かるようになったんです。

これを読んでくださっている方も

ぜひ家族で登山にチャレンジしてみるといいかもしれません♪

今日もここまで読んでくれてありがとうございました!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP