家庭菜園は思っていたより辛かった(笑)

2020年4月に、50坪くらいの広さの畑を開拓し、

初めて本格的に家庭菜園を始めました。

近所は農家さんばっかりなので、トラクターを持ってない家なんて我が家くらいなもんです(笑)

なので、近所に住むお友達に我が家の50坪の畑を

トラクターで耕してもらいました!

最初は、嬉しくて嬉しくて、

土作りから畝立て、マルチ貼り、

その後、色々な苗を購入して植えたり、

いろんな種を購入して撒き、

野菜も順調に育っていき

農作業が楽しくて仕方なかったです。

そのうち、もっと色々育てたいと思うようになり、

近所の人が、

「使ってない畑があるのよ〜。もし使いたいなら使ってもらえると嬉しい!」と、

無償で借りれる話をいただき、

そこにはゼンマイという山菜もたくさん生えていて、

春にはゼンマイも自由に収穫してくれて構わないとのことで、その畑の広さはなんと150坪くらいあったのですが、

私は安易に「畑借ります!管理します!」

言ってしまったのでした(笑)

お借りした畑には、

小豆や、ニワトリの餌として葉物系の野菜を植えたものの、

実際使ってみると畑の半分の広さを使えばもう十分って感じで・・・あと半分どうしよう・・

軽トラも、トラクターも、耕運機すらも持たない我が家が、

毎日伸び続ける大量の草を管理できるわけもなく・・・(笑)

どこのお宅も、草が生えれば、定期的にトラクターで耕し、

あっとゆー間に除草してしまうので、羨ましいなぁ・・・と思っていた。

猛暑日が続く、真夏の日でも容赦無く伸び続ける草・・・

小さな草刈り鎌を持って、

何時間も草むしりに終われる毎日。。。

もう、心折れそう・・・日焼けもすごいやぁ・・・

なんでこんなに毎日毎日草むしりばっかりしなきゃならないんだヨォ!なんで、うちは農家じゃないんだヨォ!(泣)

軽トラも、トラクターも、耕運機も、な〜んも持ってねぇーじゃねーか!(泣)

子育て、家事、仕事・・・全ての仕事を終わらせたら、

今日も畑に行って、草をなんとかしなきゃ・・・と、

いつしか楽しいはずの家庭菜園が

重荷になってしまっていた。

借りてすぐに

「やっぱり管理できそうにないので、畑、返します」

なんて言ったら、どう思われるだろうか?

とか、

辛いからってすぐに投げ出すなんて、なんか悔しくないか?

って、無心で草をむしりながら

考えていた。

どうにか農作業を楽しくできないかな?って・・・。

その時、思った。

畑は辞めたくない!

よし、耕運機買おう。って(笑)

耕運機があれば、少しは楽に作業できる。

お金はかかるけど、

除草にも、畝立てにも使えるし、

何より、耕したいと思った時に、

その都度、近所の人に頭下げてお願いすることも無くなる!(ここ結構重要ww)

って、思った。

そして、今年家庭菜園をやってみて、

いろんな野菜を作ってみて思ったんだ。

・・・うち、夫婦2人、子供2人しかいないのに、

こんなに野菜ばっかり毎日食えねー!!って。(笑)

だから来年は、

貸してもらった広大な畑には、大豆や小豆を育てて、

味噌や醤油づくりに挑戦してみようと思った。

梅干しや、たくあんは自家製で作っているので、

ここに味噌と醤油も自分で作れるようになったら

最高じゃないのか?と。

そう考えたら、草むしりしながらワクワクしてきた!

近所に、農機具を販売しているエキスパートのお兄さんがいるので、

思い立ったら吉日ってことで、

すぐに耕運機のお願いをした。

「中古で、いいやつお願いします!」って(笑)

次の日、早速、

「いいのあったよ!」って、連絡をいただき、

大きな畑でも使えそうな

立派な耕運機を安く売ってくれることになり、

即、買うことにしました(笑)

私の、家庭菜園との戦いはまだまだ続きます。

今後の成長を楽しみにしてくれると嬉しいです。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!