お金の使い方

個人事業主として仕事をするようになってから

特に意識が変わったことの1つとして、

「お金の使い方」かなと思う。

当たり前のことだけど

個人事業主になれば、

全ての経営は自分で行うようになる。

売上の中から、

様々な経費を払い、

また、様々な税金も納め、

最後に残ったお金が

初めて自分のために使えるお金となるわけで。

なので、日々使うお金に対して、

この支出は、今後利益を生み出すものであるか?

事業への投資となるものであるか?

と言う自分への問いかけが最初にくるのが

習慣になった。

浪費として使うのか。

投資として使うのか。

この判断が自分でできるようになってからは、

大きな金額であっても

投資となるものであれば気持ちよくお金が使えるようになった。

なぜなら、

そのお金を使うことによって、

自分の未来に豊かさをもたらしてくれるものであったり

あるいは

お金がまた自分に入ってきてくれると

自分の心が知っているから。

使い方だけじゃなく、

多くの人がする「貯金」というのも、

しなくなった。

銀行に預けたところで、

1年に数円?しか利息は増えず、

あなたが銀行に預けたお金は、

銀行が運用しているのだ。

銀行に貯金をするくらいなら、

資産運用をしたほうがいい。

お金というのは、

水や血液の流れと同じで

常に動かさなければ

濁り、腐っていく。

生かすも殺すも、使い方次第というわけです。

「お金とは、道具である」ともいうけど、

その意味も分かるようになるし、

この感覚がわかるようになれば、

人生だったり、心だったりが

お金に支配されるようなことはなくなるかなと思う。

今日もここまで読んでくれて

ありがとうございました!