人の見かけや立場で、態度を変える人。

哲学

最近観た、映画「グリーンブック」

とっても心温まる、面白い映画だった!

時代は、人種差別が当たり前だった1960年代のアメリカ

特にアメリカ南部では、

黒人は白人と同じトイレを使えなかったり、

同じレストランで食事することが禁止されていたり、

買いたい服があっても、黒人というだけで試着すらさせてもらえないような

そーゆー時代だったみたい。。。

差別とはちょっと違うけど、

相手の見た目や立場によって態度を変える人に

最近ちょっと腹を立てたことがあったので・・・

おかげで、

(そうそう、こーゆー気持ちになったわ・・・)と

ものすごく感情移入して観ることができましたよw

もちろん、そーゆー方とは

今後関わることは無いですが。

結局、立場の高い人には媚びるのに、

自分より立場が低いと思えば

知らないうちにいい加減な扱いしてたりするんだよ。

例えば、

社長や、上司にはペコペコするくせに、

部下にはひどい扱いをするように。

黒人差別ほど深刻ではないにしても、

サラリーマン社会も、似たようなもんだよね。

フリーになって、

そーゆー世界から長いこと離れてみると、

よく分かる。

上も、下もなく、

誰に対しても、ありのままの自分で接することの大切さが

よく分かるよ。

映画「フォレストガンプ」のように生きれたらいいな、と

いつも思います。

今日もここまで読んでくれて、

ありがとうございました!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


kaedekunaatan

kaedekunaatan

登録者165万人YouTuber オリジナル曲も配信中! ブログではアウトドアや田舎暮らしなどいろんなカテゴリーを書いていますので見てもらえたら幸いです。

TOP