2020年の大晦日に思うこと

今年もいよいよ、今日1日で終わりです。

「2020年は、変化してYoutubeと向き合うこと」という

昨年の大晦日に降りてきたインスピレーションの通り、

今年は、変化の年だった。

(去年の大晦日に書いた記事はこちら。)

そして、2020年は私の本厄の歳でもあり

その中でも「大厄」という人生最大の厄年だったのですが、

そういえば年始早々からいろいろなことがあり、

嫌なことをたくさん経験した。

そんな辛いことを経験し、

2020年、学んだことがある。

「お金を追っていては、幸せにはなれない。」

ということだ。

これは、単純にわかっているようで、

この深い意味を全然わかっていない人がほとんどだと思う。

私たちの今の生活は、

「幸せ」は、お金の上に成り立っていると言ってもいいだろう。

なぜならこの社会システムは、

【お金があってこそ、生活が成り立つ】からだ。

「お金がたくさんあれば、自分たちはもっと幸せに暮らせるのにな・・・」と

ほとんどの人が感じているのではないだろうか?

私も、そう信じている一人だったし、

お金を稼ぐ!という強い想いを抱きながら

誰よりも努力して頑張ってきた!って、言いたいくらい

歯を食いしばりながら仕事と向き合ってきた。

その分、自分が納得できるような結果も出せた。

食べ物に贅沢できて、

好きな場所にお出かけにも行けて、

買いたい物も自由に買えて・・・

そんなことが幸せと感じていた。

しかし、2020年、

そんな私に気づきを与えてくれるような出来事があり、

今まで築き上げてきたものが崩れ去った時、

辛くて怖くて

この先どうなるのだろうか・・・?と、

不安と恐怖に心が支配されてしまった時期もあった。

「お金が無くなる」という恐怖が、

さらに不運を呼び寄せた。

「本当に自分がやりたいこと」から逃げようと思ったり

口の上手い、詐欺師に近寄られたり。

騙されたり。

その時、「お金」というものに、

自分が支配されていることに気づいた。

お金を追った結果、

本当の意味で幸せにはなれなかったということに気づいた。

お金がある時はそれでいいかもしれない。

なんでも買えて、何不自由なく暮らせるなら、

それで幸せかもしれない。

でも、お金が無くなった時、

あなたに何ができるか?

お金に左右されないような人生を歩むことが

大切なんじゃないのか?と思った。

そのために、自分たちはどうしていけばいいのか?

それを、たくさん考えるようになった。

そして、2020年、私がたどり着いたところが

「自然と共に生きていく」こと。

私たちに幸せを与えてくれるものは、

草木であり、

水であり、

山であり、

土であり、

人であり、

動物であり、

虫、獣であり。

お金ではない。

お金は幸せにしてくれない。

幸せにしてくれるのは、

命あるものばかりである。

自然と共に生きていけるようになれば、

いつお金が無くなっても、

強い心を持って生きていくことができるだろう。

自然はいつでも、私たちを愛してくれていて、

生かしてくれる。

逆に、自然を人間の手で殺すのならば、

人間もいつか滅びることになるだろう。

いくら大金を持っていても、

生きていくことは不可能だ。

ということで、

今年の大晦日はどんなインスピレーションが降りてきているか?というと、

「自分の信念のまま、続けなさい。」です。

2021年は、私の信念・やりたいことを

さらにバージョンアップし、

皆さんに発信していけたらいいなと思っております!

ここまで読んでくれてありがとうございました。

また新しい年に、動画で、ブログで、

お会いしましょう♪